【JAVA】何はなくともログまわり

久しぶりに、ずっと粗大ごみと化していたiMacを立ち上げた。

俺がアンチマカーになったきっかけのハードである。

しかし、せっかくUnityでアプリを作っているのだからiPhoneにも対応させたい。

なので重い腰を上げることにしたのであった。

まずはOSのアップグレードから、めんどくさ!!

最新はどれかと検索してみると、Mavericksとかいうものになっていた。

ちなみに現在のOSXは10.5で4世代くらい前のものになる。っつっても買ったのは数年前だぜ!バーローチキショー!

ただ、このMavericksからアップグレードが無償に変わっていた。そこは評価してよい。

しかし、Mavericksにアップグレードするためには、OSX10.6以降でないといけない。

結局、アップルストアから、アップグレードするためだけの使い捨て旧OSの10.6 Snow Leopardを買わなければならないのであった。バーローチキショー!

明日届く予定。

iPhone版のリリースまではまだまだ長い道のりである。

それでは次のニュース。

Javaでとりあえず何か作って遊ぼうと思い、いろいろ考えてみた。

しかし、マインドは完全にゲームプログラマになっていて、仕事に役立ちそうなツールは特に何も思い浮かばない。

スレッドプールでマルチタスクでなんかやってみようか、とか、フォルダをポーリングしてログファイルを監視しようかとか。

まあ、何にせよ、まず真っ先にやっておきたいのは、ログ周りである。

なので手始めに、logbackを使っていろいろ遊んでみた結果が冒頭の画像である。

昨日いじっていたSWTのウィンドウに、直接ログを出力するアペンダーを作ってみた。

エクリプスで開発している限りは、ログはコンソールに出力すれば十分なんだけどね。

それに、よく考えたら別プロセスでログを監視するツールがあれば、そっちのほうが重宝するな。わはは。

logbackの使い方のおさらいができたのでまあよしとするか。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。