【開発メモ】GTMF 2013 いってきました。

2013年、ゲームツール、ミドルウェアフォーラム、略してGTMF 2013いってきました。

会場直後

ゴゴゴゴ代表として。

この顔で。

名刺なんて無いので手書きの名札をぶら下げて入場。

他の参加者は大体、名札に名刺を入れてました。

新人研修の一環なんかで送られてきてるのかもね。

若い人が多かった。あたりまえか。

ちらみしていた限りでは、二人くらい手書きの名札がいたな。

まあ、一人じゃなくてよかった。

CRI WAREのミドルウェアデモ
ミドルウェアデモ
ゲーム画面に動画をかぶせることで、シーンを変えずに映像演出を行えることをデモしていた。

国産ゲームエンジンOROCHIデモ
国産ゲームエンジンOROCHIデモ

いよいよセッションが始まる。

最初のコマはSCEセッションを選択。
SCE セッション
Sony製ゲームエンジン、PhyreEngineをチラッと紹介。
デベロッパー契約を結ぶと無償提供されるとのことだが、法人限定なんだろうなあ。
その他、Vitaのカメラ映像から脈動を計測する機能だとか、AR(拡張現実)の技術を紹介していた。

今回、期待のセッション、ユニティテクノロジーズ
Unity セッション
今日参加したセッションの中で俺にとっては一番面白かったな。
プレゼンの内容も一番濃かったと思う。
このセッションでうれしいお知らせが。
昨晩、Unity4.2がリリースされました。
ダウンロードはこちらからできます。

パーティクルに衝突判定がつくなど、重要な機能強化も含まれるようだ。

もうひとつの注目セッション。
エピックゲームズのアンリアルエンジン4
EPIC ゲームズ セッション
展示されたゲームエンジンの中では、もっともハイエンドな製品じゃないかと思う。
それだけに、法人向けのみとなる。残念。
しかし、プレゼン後にブースのスタッフに聞いたところ、個人向けのリリースも準備中とのことでした。期待して待っていよう。

今日は、参加して本当によかった。

インディーズ開発者でも、選択できるミドルウェアや開発手法が広がってきている。

そのことを実感できた。

普段、手に取る機会の無いパンフレットもいっぱいもらえたしね。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。