【COCOS2D】スプライトクラスを使った簡単なプログラミングをすこしだけ。

今日はちょっとだけCOCOS2Dを触った。

コーディング自体はjavaとさほど変わらないので、C++に慣れるのは時間かからないだろう。

ただ、雛形なしで、いちからスタンドアロンで動くプログラムを作るにはまだまだ時間がかかりそうだなあ。

javaから入ると、ヘッダファイルとか、なんでこんなもんがいるんだって思うし、マクロとか変数にアスタリスクが付いてることがあったりとか、わけわからん。わはは。

でもCOCOS2Dはずっと敬遠していたC++のちょうど良いトレーニングになりそうだ。

やっぱり、プログラマとしてはネイティブコードでの開発も一通り経験しておきたいという思いもある。

どこかでゲームプログラマとしての道も捨てきれない気持ちがあるんだよな。

ところで、最近急にいろいろなゲームエンジンが一般公開されはじめたね。

先日紹介したUnityももうすぐ5がリリースされる予定だし、つい最近になって、アンリアルエンジン4やクライエンジンのサブスクリプション形態でリリースがアナウンスされた。

まさにゲームエンジンラッシュといった様相だ。

アンリアルエンジン4は大変興味がある。

しかし、ゲームエンジンはUnityを使ってみて、その便利さとともに、個人で利用する場合のある種の危うさをも感じたのも事実だ。

何もしらなくてもゲームらしきものが作れてしまうことの危うさだ。

このゲームエンジンブームとは逆行してるようだが、ゲームエンジンをより深く使いこなすためにも、ぜひともスクラッチでの開発、それもC++というネイティブ言語での開発にチャレンジするのであった。

さて、今日のフィットメーターは350kcalで目標クリア。休みの日は通勤の分の運動が無いので、ジョギングとゲームで運動を補う。

この本は、この手の入門書で俺が読んだ中では、1,2を争うほどの良書です。

cocos2d-xに興味がある人はぜひ手にとってみて実際にプログラミングしてみることをオススメする。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。