【雑記】明日はポケモンX・Yの発売日か

話題性や人気って伝染するよな。

ゲームとしてのポケモンは今まで一度も触れたことも無い俺が、アマゾンの予約ページを眺めながら、カートに入れるべきかどうかしばらく本気で考えてしまった。

かろうじてカートに入れる前に我に返ったわけだが、けっこうマジで買うかどうか考えるきっかけになったのは、国内の予約ですでに150万本を突破しているというその人気だ。

これだけの人々を動かすものにはそれなりの力なり、秘密なり、革新的な何かがあるんではないか、と思えてしまう。

いや、きっとあるんだろう。

その秘密なり、革新的な何かを、それがもっともホットな発売日において体験しないでいるというのは、何かめったに無い機会を損失しているのではないかという気分になってしまう。

人生は一回きりであるし、時間は後戻りが出来ないものであるという認識がさらに後押しする。

そうやって考えていくと、その革新的な何かが何であるのか、それが好みに合おうが合うまいが、5千円程度なら払ってもいいかって気になってくんだよな。

ところがどっこい、俺もいい年した大人である。

欲望の渦に飲み込まれそうな自分を眺める、もう少し冷静な自分がいるのであった。

1年後、2年後、はたまた5年後に自分を自分の望む形に形作るものは、革新的な体験なんかではないのである。

今日のこの1時間、2時間を何に費やしたか、ということなのである。

ところで、マリオテニスオープン、超おもろい。

オンラインではランクポイントみたいのがあって、これは自分の戦況を数値化したもので、これが高ければ高いほど、同様に高い相手とマッチングされる仕組み。

2000ポイントから始まって、まあ、はじめは負け続けるわけだが、1800くらいまで下がったあたりで、ようやく勝てる相手が見つかるようになる。

俺もようやく、1800台で勝ち越すようになり、今1900ポイント代までのし上がっているところだ。

いやね、ほんとちょっとした息抜きに、最高に楽しめるわけです。

さて、もう一仕事片付けるかってね。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。