【雑記】マリオテニスオープン、クソおもろい

先日の記事で書いたとおり、任天堂のキャンペーン『二本買うともれなくもう一本プレゼント』で無料でゲットしたマリオテニスオープンだが、これが面白すぎた。

発売当初から面白いのは確信していたが、ここまで気持ちよい操作性だとは、やってみるまでわからなかった。

発売日は去年の11月だから、ちょうど一年位前だ。

その頃は休日は脱サラのためにひたすらJavaでアンドロイドのコーディングをやっていて、ゲームなんてやる暇なかったのだ。

何が面白いのか、あえて一言であらわすと、ショットの快感だと思う。

任天堂のゲームは、マリオカートにしてもそうだが、リアリティをある意味再構築している。

それは、リアリティがない、ということではなくて、この現実のリアリティではなくて、ゲーム世界の中のリアリティとして作り直されているんだな。

なので、どの位置で力いっぱい打ち込んでも、めったにオーバーコートしないテニスであるにもかかわらず、嘘くさいっていう感覚はない。

その土台があってこその、パワーショットの快感があるんだと思う。

ひとつのゲーム体験(つまりショットの快感)を作り出すために、どれだけのことが作りこまれているのかと考えると、いい仕事してるなあって思うわけですよ。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。