【WiiU】この構造を知ったら、もう元(普通のゲーム機)には戻れない

「WiiUはゲームをテレビから解放する」
任天堂・岩田聡社長ロングインタビュー(中)

実際にWiiUを使ってくださっているお客様はまだ多いとは言えませんが、使ってくださっている方からは「この構造を知ったら、もう元(普通のゲーム機)には戻れない」との声も届いている。ただ、その声はまだ社会のマジョリティになっていません。その声を広げる努力を今年の後半にしっかりしなければならない、と思っています。

東洋経済のサイトに載った任天堂岩田聡社長のインタビューの一部です。

先日、国内100万台を達成したWiiUですが、セールス的にはまだまだ厳しい状況にあります。

WiiUがんばってほしいなあ。

ゲームパッドについて、批判的な意見が目立ちますね。

俺も買って遊ぶ前はゲームパッドっているか?って思ってたけれども、遊んでみてそのよさがわかったということは、以前どこかで書きました。

これはやっぱり使ってみないと伝わりにくい部分なのかな。

今って据え置きゲーム機とそこでリリースされるゲームがどんどんボリュームアップしているでしょう。

PS4やXBoxOneなんかの次世代機などを見ると、表現力がさらに進化して、開発規模も大きくなっていってる。

もはや娯楽の域を超えてアートになろうとしてるんじゃないかって思う事もある。

少人数、低予算のインディーズの動きも活発になっていますが、そういうチームでは次世代機の最新技術をフルに活用する規模のゲームは作れないでしょう。

そんな風にいろいろ考えてみると、WiiUって実は絶妙なバランスを保ってると思うんですよ。

据え置きゲーム機って、パソコンのグラフィックカードみたいなことじゃないでしょ、と。

ファミコン全盛期のころのテレビゲームの位置ってこんなだっけ、と。

据え置きのテレビゲームって、もっと生活家電みたいな身近なもんじゃなかったか、と。

技術を突き進める方向はあっていい。でも任天堂には社会人がサラリーマンがおかあさんおとうさんが、そして子供達が遊べるエンターテイメントを突き詰めてほしいね。もちろんWiiUでね。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。