【雑記】そろそろアンリアルエンジンを

はじめようと思っている。

ちょうど『Unreal Engine 4で極めるゲーム開発』を読み終わったばかりで、二読目に突入しようと思っている。

今年買ったハウツー本では、もっとも良い内容の本だと思います。

書いてあるとおりにやれば何かが出来上がっていく、というタイプの書籍がほとんどだけれども、たいていは自分が何を何のためにやったのか理解しているかって言うと怪しいものが多いのも事実。

けれども、この本はそこらへんが非常に丁寧に説明されていて、かゆいところに手が届く記載内容になっている。

ユニティの解説本含めても、ここまでしっかりと説明された本は少ないというか、俺が知る限り無い。

本書で作成するデモゲームも、解説のためだけの細部をうっちゃったような、なんちゃってゲームではない。

入門レベルとはいえ、ちゃんとこだわりを持って、本書を進めながらブラッシュアップしていくところが、入門書終わってから次のステップへ続く道しるべとなっていると思う。

とはいえ、まだ実際に作って動かしてみたわけじゃないので、二読目は読みながら、実際にデモゲームを作って行きたいと思います。

Unityである程度ゲーム制作の基本的なところを学んだ人でも、スムーズにUE4に移行していけるのではないかと思う。

あと、マテリアルの作成に特化しているけれども、同じくらい品質の高い入門書をもうひとつ。

邦書で出ているUE4の入門書は、先述の本とこちらの二冊だけあれば十分です。断言する。

他にも何冊か出てますが、全てこの書籍の中に包括されちゃってますので。

とにかくオススメ。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。