【制作実習】UnityAds入れてみました。

拍子抜けするほど簡単でした。

ちなみに画像はエディター上の表示ですが、実機ではちゃんと動画広告が再生されました。

UnityAdsのパブリッシャー登録が必要ですが、Unity使っている人なら、Unityのアカウントで作成できたはず。

実装の方も簡単で、Unityのエディターからアセットストアを開いて、UnityAdsのアセットをインポート。

コードも下記の要領で簡単です。

// Start()などでAPIを初期化
Advertisement.Initialize("振り出されたID");

広告の再生も簡単。

public void OnClickUnityAds()
{
    if (Advertisement.IsReady())
    {
        Advertisement.Show(null, new ShowOptions
        {
            resultCallback = result => {
                switch (result)
                {
                    case ShowResult.Finished:
                        //ここに広告視聴完了時の処理
                        break;
                    case ShowResult.Skipped:
                        //ここに広告スキップ時の処理
                        break;
                    case ShowResult.Failed:
                        //ここに広告表示失敗時の処理
                        break;
                }
            }
        });
    }
}
3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。