【雑記】バケモノの子

観ました。

細田守監督は動画マンなんだな。キャラクターの動き、いわゆる作画はとてもすばらしかった。

けれども脚本は酷かった。

『おおかみこどもの雨と雪』でちょっと心配してた方向へ転んだ感じ。

それでも雨雪は、リアリズムを重視していた(気がする)ので破綻なくて面白かったけど、バケモノはダメだ。

最後の最後までアニメーションとしての凄さはあったけど、おどろきはひとつもなかったように思う。

おどろきっていうのは、観てる俺の予想や想像の範囲をはるかに超える展開や演出などをさして言ってる。

『サマーウォーズ』にも雨雪にもあったんだけど、バケモノにはなかったなあ。

ただ、アニメーションの売りのひとつである、絵が動く凄みは申し分なくて、この一点では突き抜けているので、この監督がやりたかったことはわかる。

その才能が、たぶんこのアニメを劇場用映画にしている。

いろいろ文句はあるんだけど、映画を観たって感じはちゃんとあったんだよな。

他の人のレビューなんかを読んでも、厳しい評価を下している人の意見は大体一致している印象だ。

脚本がつまらない、人物がうすっぺらい、世界設定がいいかげん、ヒロインが…。

そして、もうひとつ、大方一致している意見として、次回作に期待。ほんとこれ。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。