【WiiU】WiiUの新広告、ほか

いま、WiiUの公式サイトみたら、ピクミン3でもレゴシティでもない、新しいタイトルが登場していた。

スカイランダーズ スパイロの大冒険(7.12 スクウェア・エニックス)

ニンダイ※でもひとことも触れられてなかったタイトルが唐突に出てる。それも大手スクエニから。

水面下で何が起きてるんだ(笑)

※ ニンダイ:ニンテンドーダイレクトの略。任天堂が自社ハードのネットワーク機能を使用して、ユーザーに直接情報を提供するコンテンツ。

ピクミン3の公式サイトでは、WiiU本体の新しいプロモーション動画が展開されていた。

こっちは素直に応援します。任天堂さんにはWiiUのWiiUらしさをもっと広めてほしいね。

俺も買う前は、ゲームパッドいる?って思ったこともあったけど、それでも3DSで二画面というかタッチパネルの便利さは知ってたから、WiiUは発売日に並んで購入した。

そして、触ってみて実感した。

ハード屋だからこそ、このタッチパネル式のインターフェースは捨てられないんだろうなと。

いま、コンシューマゲームのほとんどは、既存のコントローラを前提として開発されているから、WiiUのゲームパッドになって、すぐにゲームが変わったっていう風にはならないと思うのな。

既存のコントローラって言うのは、大雑把に言えば、アナログスティックが2本に十字キー、6つ以上のボタンがついたゲーム用コントローラのことなんだけど、これはこれでテレビゲームの歴史の中で洗練された結果だと思う。

実際、ゲームパッドがいいなって感じたのはゲームやってるときよりも、コンソールを開いて操作してるとき、いわゆるOSにあたる部分をいじってるときだったり、Miiverseっていう手書きのイラストを投稿できるSNSサービスだったりする。

既存のゲームコントローラは、あれで洗練されていて使いやすいんだけど、ここにはねえ、ゲーマーには気づかれなくなった何らかの大前提というか、ゲーマー同士の間で当然とされている約束事があると思うのな。

たとえば、丸ボタンやAボタンは物事の決定を意味し、バツボタンやBボタンはキャンセルを意味する、という例がわかりやすいだろうか。

あと、コントローラのこの部分に実はボタンがありますよって約束事もあったりとかね。

これらを当たり前と思える人は、多少なりともゲーム経験がある人だと思うけど、これまでテレビゲームなんてほとんど触ったことがないっていう人には、実は通用しないお約束なんじゃないだろうか。

ちょうどリモコンなんて存在しない時代に生まれた世代が、映像機器を買っても録画すらできない時代があったように。

もちろん、WiiUのゲームパッドにもアナログスティックやたくさんのボタンがついているけど、画面にタッチするというインターフェースは新旧どちらの世代にもやさしいものだと思う。スマホはもはやタッチがメインだし。

これからのゲーム開発は、既存のコントローラ(のお約束)を疑ってみるというステージにはいる可能性は十分にある。

そのときこそ、ゲームパッドでゲームが変わっと実感できるのかもしれない。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。