【雑記】Scalpting with wacom

Wacomの液タブを使ったライブ映像。

Drawing with wacomという2D系のものは、何度か見たことがあったんだけれども、Scalpting with wacomというシリーズもあることを知った。

ソフトはZBrushで、仕上げにフォトショップを使っているそうだ。

俺の液タブはCintiq22HDでタッチ機能がついているんだけれども、動画見た感じではZBrushはちゃんとタッチ操作に対応してそうだな。

以前、photoshopがタッチ操作に対応してなくて面食らった覚えがある。あんなたけぇソフトのくせに。

ちなみにクリスタはしっかり対応していて、絵を描いたり簡単なテクスチャを作ったりするのは、基本クリスタを使っている。

Cintiqは今はデッサン練習にしか使ってないんだけど、液タブとZBrushの組み合わせは非常に興味ある。

Blenderでちまちま頂点を打っていくのもけっこう大変だし。

価格も10万円前後で、Mayaとかに比べたら断然手が届く範囲にあるし。

そう思う反面、いま買っても高いおもちゃで終わりそうなんだよなあ。

まぁ、もっとデッサン上達して3Dでも何でも来い、みたいになるか、フォトリアル系のアクションゲームが組めるくらいUE4なりUnityなり使いこなせるようになるまでおあずけだな。

そんな日がくればの話だけれども。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。