【雑記】ウラシマツアー

今、帰省中のため、久しぶりに母校の大学に立ち寄って、キャンパスに潜入してみた。

いわゆる中芝(ちゅうしば)から時計台を眺めたところ。

最寄駅周辺が改築されているくらいで、ほとんど変化はないように見えた。

生協にいったり、学食によってみたり、図書館に忍び込んだり。

学生時代の学び舎であった文学部棟に入って時間割を眺めたり。

かつての恩師はもう引退したかと思ったけれども、哲学演習の担当教授には恩師の名前があった。

まだ現役で教えておられるようで、なんかうれしかった。

ちょうどチャイムが鳴って休み時間になると、キャンパスは学生の群れでにぎやかになる。

現在の学生の様子は、俺が学生だったころの記憶と変わりなく、ちょっとした浦島気分を味わった。

特に用事もないのに母校になんて立ち寄るものではないな。

とても見慣れた場所だけに、自分だけが存在しない世界を眺めているような、そんな気分だった気がする。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。