【雑記】中年よ大志を抱け、つーか俺

今日は日曜日なので一人大学は休み。

一日WiiUのファミコンリミックス2やってたなあ。

8時間以上はぶっ続けでゲームしていたと思う。

そういえば昨日から一人大学のテキストとしてジェイソン・グレゴリー著『ゲームエンジン・アーキテクチャ』を読み始めた。

この中でゲームとは何か?という問いにたいしてこんな記述があった。

「プレイヤーが学んで最終的には攻略するというパターンが徐々に難易度を上げながら続くインタラクティブな体験」

そしてゲームの面白さの中心にあるのは「学習と攻略」だという。

「徐々に難易度を上げながら続く」という視点はなるほどと思う反面、やや時代的に限定された見方である気もする。

ちなみにおれ自身の考えは過去の記事で述べていて、今も変わっていない。

それはさておき、この本は非常にボリュームがある。分厚いだけでなく中身が濃い。

ゲームエンジンを構成するコンポーネントについて、どのような技術が使われているのか、どんなデザインパターンが使われているのかについて書かれているようだ。

まさに、3Dのゲームエンジンを内製したい人には、うってつけの内容となっている。

この本を読了してゲームエンジンの構造を理解したら、UE4のソースを読んでみようと思う。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。