【雑記】ドンキーコングトロピカルフリーズ、一週目やっとクリア。

少し前のはなしだが、ドンキーコングトロピカルフリーズ、やっとクリアした。

隠しコースや隠しアイテムはほとんど無視してひたすらクリアを目指して突き進んだ。

難しかった。難しいのにも、何度もチャレンジしたくなるものもあるにはある。

ぎりぎりでクリアした後、次回はもっとスマートにクリアしたいという気にする難しさ。

最近で言うと、ナックや少し前のワンダフル101なんかはこの類の難しさだとおもう。

ゼルダの伝説なんかもボスとの闘いは繰り返し遊びたくなる。

しかし、このドンキーコングの難しさは俺にとってはそうではなかった。

操作がね、変な慣性があって、不本意な動作で落ちたり敵にやられたりする。

雑魚的にちょっと触れただけで死んでしまうドンキーコングもなんか納得しがたい。

そのガタイのくせに雑魚の張り手でしぬんかい!っていう。

そして、ボス戦がまたしんどいのだ。

あんまり弱いとボス戦のクライマックス感が薄れるのはわかる。

しかし、これは無駄に堅すぎだと思う。

だいたい数回戦って、ボスの攻略方法がみえてくるんだけど、ボスは固いわ、ドンキーはすぐ死ぬわで、もう何度も戦わされる羽目になる。

何度も戦って攻略がわかれば、さっくり進むかというと、ボスにダメージを与えることが可能な局面っていうのが決まっているために、毎回同じ時間をかけて戦うことになる。

コース自体は変化に富んでて、派手なギミックやカメラ演出もあってとても楽しめたのに、ボス戦が退屈というちょっと変わったゲーム体験だった。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。