【雑記】久しぶりにエクリプスをさわった

エクリプスは現在最新の4.3ケプラーだ。

JDKは7で、マイナーバージョンが25。

3月から入る予定の短期案件に向けて、2月の残りは久しぶりにJAVAをさわってウォーミングアップをすることにした。

あと、生活のリズムも朝型に修正しないと。

ここ1ヶ月くらいは開発のラストスパートで、明け方に寝て、昼過ぎに起きての繰り返しだったからね。

それにしても体験版とはいえ、リリースが無事に終わってひとまず肩の荷がおりた。

今日はのんびり部屋の掃除や片づけをしたり、インフラの整理をした。

インフラの整理って言ってもたいしたことはしてなくて、プロジェクトのリソースをすべてGit管理に移行した。

Unityのプロジェクトは以前からGitで管理していたけど、それ以外の過去の案件のドキュメントや、このサイトのソースなどもすべてGitへ移行。

JAVAのプロジェクトももちろんGit管理。

エクリプスのケプラーは、Git管理のソースを自動認識してくれて、エクリプス上では特に何もしなくても、チーム開発が出来るようになった。

これでネットにつなぎさえすれば、いつでもどこでも作業が出来る。

なんかうれしい。

活動範囲が広がったような感覚だ。

Gitで開発資産がマスター管理されているというのは、俺みたいな個人でやってるものには必須だと思う。

もっと早く気づくべきだったし、もっと早くにやっていればと猛省している。

これまで、どれだけの自作プログラムやアルゴリズムが水泡に帰したことか。

サーバーがクラッシュしても、Gitの場合、各マシン上にマスターのコピーがあるし、もう電子資産が散逸することはない。

これからは、俺がひねり出したコードのマスターはいつでも再利用が可能だし、ブラッシュアップもしていける。

そうしたことの積み重ねが、このゴゴゴゴのブランドを形作っていくんだよね。きっと。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。