【雑記】第7回テックヒルズ、行って来る

六本木かあ、久しぶりだな。

Unityの新情報が何か聞けるといいがなあ。

第七回テックヒルズ

ところで昨日のイベントのスクリプト作成だが、よくよく考えたら、バトルシステムをフレームワーク化する際に、スクリプトに近いテキストコマンドを実行する仕組みを作っていた。

それを流用すれば何とかなりそう。

具体的には、メソッドやパラメータをパイプでつないだ文字列をキューに突っ込んでおいて、シーケンシャルに実行するというもの。

if文やLoopなど制御構文をメソッドとして追加実装すれば、ある程度のことは出来るかと。

イベント定義のスクリプトはたとえば、こんなかんじになるかなあと。

SetupPerson|Resources/PersonAtlas|0.5|0.25
ShowPerson|0
Loop
Confirm|はい|0|いいえ|1|いい儲け話があるんだが、いっぱいつきあわねえか?
Switch^0|Dialog|ついてきな^1|Confirm|はい|0|いいえ|1|そう言わずにつき合えよ?
Switch^0|BreakLoop
EndLoop
LeavePerson
・・・

可読性はいまひとつだが、一応この中に必要な情報はそろっている。
実行後のイメージはこんな感じ。

1.画面にアクターを表示

2.アクター:「いい儲け話があるんだが、いっぱいつきあわねえか?」

3.はい・いいえのダイアログが出現

4.プレイヤーが「はい」を選択
4-1.アクター:「ついてきな」
4-2.アクター退場

5.プレイヤーが「いいえ」を選択
5-1.アクター:「そう言わずにつき合えよ?」
5-2.3から繰り返し

とまあ、こんな感じだ。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。