【アートワーク】はじめの一歩

3DCGの作成、めっちゃ大変、ワロタ。

素人がサラリーマンやりながら片手間に出来るような作業じゃない。

会社辞めて正解である。いつやるか、今でしょ。

ブレンダーの操作方法など書いてもつまらないので、実際にやってみてわかったゲームグラフィックのワークフローという形でまとめていこうと思う。

今、開発を計画しているゲームが、ヒロインものの横スクロールアクションで、3DCGで表現する予定である。

とはいえ、最初に作ることになるだろうこのゲームは、勝負玉などではなく習作みたいなものだとおもっている。

横スクロールなのは、全方位型だとマップデータやらゲームシステムやらが複雑化するので、はじめからハードルをあげないためだ。

アクションゲームで3DCGなのは、リアルタイムアニメーションと3D技術という、全ジャンルに通用する技術をまとめて身につけるためだ。

ヒロインものというのは、あれだ。モチベーションの問題である。

さて、現在はメインキャラクターであるヒロインの3DCGデータを作成中である。

まだゲームに使える段階まで進んでないけれど、いったん現時点でわかった手順を箇条書きしてみる。

・モデリングのための下絵を用意する。

・モデリングを行う。

・モデリングの結果であるポリゴンにテクスチャを貼り付ける。←いまここ

ポリゴンにテクスチャを貼り付ける、と一口に言ってもここで踏まえるステップが結構大変なんだな。

3DCGとは何か、3DCGの本質といってもいいくらい、この世界特有の概念や作業が発生する。

次回は上記手順をひとつずつ、もう少し具体的に山崩ししていこうと思う。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。