【アートワーク】プロローグ

3Dのコンピュータグラフィック(以下3DCG)を、ゲームに組み込んで動かしたり、プログラムで動作を制御するために必要なステップなんて、普通に生活してたら知る機会なんてあるわけがない。

それは、IT業界に長く勤めていた元サラリーマン、つまり俺のことなんだけど、その俺にとっても同じで、ゲームを作るうえでこのステップを覚えることがひとつの山だと思っている。

じゃあ、どうするか。書籍を漁りながら、自分の手で実際に作ってみて覚えるのが、俺のやり方なのだ。

まず最初のステップとして、3DCGのデータを作ってみるところからはじめてみた。

Blenderというフリーの3DCG作成ソフトがある。

いま計画中のゲームに登場するキャラクターをこのBlenderを使って作成している。

3DCGのデータを作るには、有料のものはもちろん、無料のものがいくらか存在する。

Blenderは無料でありながら、モデリング(3DCGのデータを作ること)だけでなく、作ったデータをアニメーションさせることが出来る統合ツールだ。

ただ、このBlenderというソフトは非常に高機能で、出来ることが多い分、当然覚えるべき操作も多い。

ゲームのキャラクターを作成していると書いたが、実際はBlenderの操作を学習することが主目的である。

個人のゲーム開発者にとって、アートワークをどうするか、という問題から逃れるみちはない。

誰かに頼めれば一番いいんだけど、もうね、誰かを当てにするのはこりごりなんだよ!

まずは、一通り自分で出来るようになる。

人に頼めるのはそれからだと思っている。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。