【Unity】オキュラスリフトで動かしてみた

まず、Unity5でOculusRift DK2を動かしてみようとしましたが無理でした。

いろいろ理由があって、まずはOculusRiftのファームウェアのバージョンとグラフィックボードの関係。

最新のOculusRiftのドライバ(v.8.0.0)に更新すると、今パソコンに積んでいるグラフィックボード(Quadro K600)だとHUDを認識してくれなかった。

購入当時からだいぶドライバがアップデートされ、要求性能も格段に上がってきている。

グラフィックボードはGeForce GTX 970/Radein R9 290以上推奨とされているみたいだけど、このグラフィックボードだけでも現在実売が4万円前後する。

そして、Unity5のOculusRift標準対応は、この最新のドライバが必要なため、結果的にUnity5でオキュラス対応するには、グラフィックボードを買い換える必要があった。

もちろん、まだ今の段階でそこまでやるつもりは無い。

しかたない。購入当時のドライバと当時つかっていたUnityでオキュラスリフトを使用するためのアセットを使うことにした。

Unityのバージョンも4に下げて、シーンを再度作り直した。

動画がこちらです。

いまやると、やっぱり目の負担が大きいし、視野もまだまだ狭い。

それでも、没入感はなかなかのもので、高いところから見下ろすとちょっとしたタマヒュンも味わえる。

右スティックによるカメラ操作は、視界を大きく動かすために画面酔いを引き起こしやすい。

ヘッドトラッキングがかなり感度良いので、これをジャイロに見立てれば、スプラトゥーンのようなエイム動作も作れそうだ。

これからはジャイロかヘッドトラッキングによるエイムが、シューターのスタンダードな操作になっていくんじゃないかと思う。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。