【買い物】Kindle Fire HD購入

コールアンドマジックのマルチプラットフォーム化に向けて買いました。

Kindle Fire HDのテスト機がなかったので、一番安いものを買った。

これで、Android、iOS、Kindle Fire HDの全てのプラットフォーム向けに開発・テストが可能になった。

ちょっと整理してみよう。

現在、主要なモバイル端末(スマホ、タブレット)は、OSの種類で分けると3種類ある。

ちょうどパソコンのOSがWindows、Mac、Linuxの3種類あるのに似ている。

なぜOSの種類で分けたかというと、アプリは基本的に端末が違ってもOSが同じなら動作するからだ。

つまり、アプリを開発する人は、OSの種類ごとにアプリを開発することになる。

だれでも知ってるiPhoneやiPadなどは、iOSというOSが搭載されている。

もうひとつ有名なのは、iPhoneやiPad以外のモバイル端末のほとんどが搭載しているandroidというOS。

そして、すこし特殊なのが、このandoroidのOSをアマゾンが独自にカスタマイズしたOSで、Fire OSだ。

このFire OSを搭載しているのがKindle Fireシリーズということになる。

ただ、FireOSは元がandroidのため、androidで動くアプリはたいてい同じように動く(たぶん)

しかし、ちょっとややこしいのは、各OS向けのアプリの販売ルートがそれぞれ異なるということだ。

iOS向けのアプリは、アップルのアプリストア経由で販売する。

android向けのアプリは、Google Play、およびamazonのアプリストア経由で販売する。

しかし、FireOS向けのアプリは、Play storeからは販売できなくて(Kindle FireはGooglePlayからアプリを購入できない)、amazonのアプリストア経由のみの販売となる。

まとめると、『コールアンドマジック』を全てのモバイル端末で遊んでもらうためには、この三つの販売ルートでアプリを配信する必要があるとです。

現在のステータスは、どうなっているかというと…

Google Play → 販売中
amazonアプリストア → 販売中(ただし、一部カテゴリは未対応)
アップルアプリストア → デベロッパー登録の申請中

こんな感じだ。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。