【VR】グラフィックボード換装

しました。

前回は電源の問題でGTX980を断念したわけだけれども、OculusVRの推奨グラフィックボードの最低ラインがNVIDIAでGTX970以上となっていたので、980からひとつグレードを落として970を買うことにした。

こちらは電源の方も500Wあれば十分動く。

実際、差し替えて動かしてみましたが、最初こそいろいろ手間取りましたが無事に換装終わりました。

冒頭の画像はFF14によるベンチマーク。

マシンによっては15000近く出るものもあるようですが、まあ、期待してたくらいには性能向上してるのでチューニングとかできそうならば追々やっていこうと。

グラフィックボードを変えたので、OculusRiftのプロトタイプであるDK2のドライバも最新に更新することが出来た。

ためしにUnityのVRデモプロジェクトを動かしてみましたが、非常に快適に動作した。

体験会で触ったモーフィアスくらいには性能向上しているような気がする。

ドライバを最新にしたことで、Unityでの開発も非常に楽になった。

プロジェクト設定でVirtual Reality Supportのチェックボックスをつけるだけで、メインカメラがVR視点になってノンコードでオキュラス対応になった。

今作りかけのアクションシューティングで試してみましたが、高いフレームレートを維持できていて目の負担がだいぶ軽減された感じだ。

ただ、VR酔いは対策が必要なことには変わらなくて、このままVR対応で作っていくならいろいろ研究や試行錯誤が必要だ。

ともあれ、パソコンを買い換えることなく出費4万円以内で最新のVR開発環境にアップグレードできたのはうれしい(DK2は別にしてだが)

今年こそ、VR対応のゲームを完成させたいと思う。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。