【Oculus】UnityでOculusを試してみた。

UnityでOculus動かしてみて確信した。

現時点のOculusが活躍できる最大の場は、萌えだなと。つまり、工口スだと。

ということで、もし、PCでこの記事を読まれていたら、すこしおすそ分けしたいと思います。

冒頭の画像をスクリーンから顔を十五センチ以上はなして見つめてください。

視線を画像を突き抜けてずっと奥へといざなってください。

すると右目で観ているミク画像と左目で観ているミク画像が、徐々に中心へと重なってくると思います。

これが完全に重なったら、視覚の点だけで言えば結構HMDで観ている画像に近いものになります。

難しい場合は少し画面から顔を離すとやりやすくなります。

根気のある方は、下の画像をクリックで拡大して試してみてください。ちょっと大き目のサイズになっています。一度成功すれば像を結ぶのは比較的容易になります。

20150213_big

どうです?立体的に見えましたか?

Oculusでは、これが顔の大きさくらいの大きなサイズで見えていて、それが動いているわけです。

ちょうど目の前にこのOPがボーンとある感じです。

現実の女というわけにはさすがに行かないけれども、一時期話題になった高精度のラブ○ールってのがありましたよね。

たとえばそれの首筋や胸元の肌に鼻が触れるくらいの位置に顔を持っていった感じにはなってると思うんです。

実物見たことないので実際のところはわかりませんが。

オリエント工業 ※裸体映像あり注意

ぶっちゃけ抜けるレベルです。もちろん、HMD装着してたり、Unityの操作してたりするので抜いていませんが(本当だから!)

これを使って技術系(プログラマ含む)開発者が目指すべき点は一点のみです。

擬似的に触れるような体験を創出することだけです。

そして、是非この難題に挑戦する所存であります。

誰やねん、おれ!

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。