【VR】Oculus rift開封

今日、やっと開封しました。

Oculus rift(オキュラスリフト)

オキュラスリフトとは、頭にかぶって視界を完全に覆うヘッドマウントディスプレイの商品名。

設定などは、解説本を参考にしながらやって、導入自体は比較的簡単に済んだ。

オキュラス社のサイトからフリーウェアがダウンロードできるので、とりあえずいくつか落として体験してみた。

結論から言うと、酔った。

気持ち悪い。わはは。

ひょっとしたら俺は大丈夫なんじゃないかという、根拠のない期待があったんだけれども、見事に酔った。

体験自体は、以前の記事で同じくHMDでソニー製のプロジェクトモーフィアスを体験したときとまあ大差ないんだけれども、今回は制限時間などないし、結構自由に動き回れるもので遊んでいたのでもろにきた。

うう、まだ気持ち悪い。

先駆的な体験としてはまあ面白いんだけれども、これ、一般に普及するのには大きな壁だなあと思う。

プロジェクトモーフィアスの体験会などは、入念に準備されたコンテンツで、利用者が酔わないようにうまくコントロールされてたんだなと思った。

これも、ひょっとしたら船酔いみたいなもんで、馴れてしまえば起こらなくなるのかもしれないけれども、視覚にすごい負荷がかかってるんだろうなあと感じた。

ここで得られる体験と、この酔いを引き起こすほどの視覚への高い負荷、ここの価値がつりあわないと普及するのは難しいかもしれない。

3Dのコンテンツなので、コンテンツの作成もそれなりの規模が必要だし、そうでないと酔いへの抵抗のほうが勝ってしまうだろうし。

そういう意味では日本におけるある種特殊な受容のされ方は、案外現時点での技術レベルでは妥当なのかもしれないとも思った。

つまり、ぐりぐり視点を動かして広大な仮想世界を冒険する型の(おそらく本来目指されていた)ベクトルではなくて、そばにリアルな美少女がいる、という類のいわゆる萌えコンテンツには相性がよいように思う。

これなら酔う心配もほとんどないし、顔を近づけるとこっちを見つめ返してくる、みたいな反応はそれほどリアルでないアニメキャラでも、なんとなく将来的な(いわゆるセクシュアルな方向への)可能性を感じたってのが個人的な感想だ。

今日は、とりあえず既製のアプリケーションで遊んでみたけれども、明日からちょっとずつOculus rift向けのコンテンツの制作のほうにも手をつけてみようと思う。

ちなみにこちらは国産で比較的酔いにくい(と感じた)ジェットコースターアプリの動画です。

ジェットコースターのあのスリルもそこそこ再現できてる様に思う。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。