【Unity】快適なTPSコントローラ作成中、その2

昨日の実装をちょっと見直した。

まず、あるベクトルを別のベクトルに、一定速度で近づいていく計算が必要で、Lerpとはまた違うロジックなので自作でメソッドを作っていた。

でもよくよく考えたら、そんな重要なメソッドが無いわけがない、ということでAPI調べてたら、ありました。

Vector3.MoveTowards(from, to, delta)、フロート値ならMathf.MoveTowards(from, to, delta)。

fromの値をtoの値にdelta分だけ近づけていくというもの。fromからtoまでがdeltaより小さい場合は、toと同じ値になる。

そして、もうひとつはジャンプ問題。

ジャンプの実装にはいろんな問題が発生してくる。

前回の実装だと、ジャンプの高さはジャンプボタンの押す長さに関係なく一定だ。

けれども、ここはジャンプボタンの押す長さである程度の幅を持たせたい。

けれどもこれ、言語化したら一文で済むけど、プログラムにすると結構めんどくさいことになりそう。

そして、そのためのロジックが、思いのほか難しくてなかなか期待した動きになってくれない。

今日はもう時間切れ、明日の宿題にします。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。