【Unity5】Shader Forge使ってトゥーンシェーダを作ってみた

ノードをつないでいくことで、ノンプログラミングでシェーダーを作成できるUnityのアセットです。

ライト方向と法線方向から影になる部分のマスクを作る。

そのマスクを参照して、明るいテクスチャ(通常のデフューズマップ)と暗い色のテクスチャ(影の部分に載せる色)を切り替えてる、といったところかな。

アウトラインについては、マテリアルのパラメータにはじめからアウトライン用のパラメータが存在するので、そちらに線の太さや色を指定するだけとなってる。

グラフィカルにシェーダーノードの作成ができるとコンパイルしてシェーダーが完成する。

ShaderForgeで作成したシェーダーは、Unityで使える普通のシェーダーコードなので、そのまま別のプロジェクトに持っていくことができる。

シェーダーを利用するだけなら、プロジェクトの方にはShaderForgeを入れる必要がない。

やや高価な有料アセットですが、これは価値あるアセットだと思う。

設定は下記の本のまんまです。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。