【Unity5】無償版で使えるようになったIKを使ってみた

Unity5の物理ベースレンダリングになって、ちょっと質感があがったような気がしないでもない、UNIDRAのPlayerキャラクター。

ちなみにUNIDRAは『Unityゲーム開発 オンライン3Dアクションゲームの作り方』のサンプルプロジェクトです。

まぁ、タイトルのとおりなんですが、まずは動画をペタリ。

UnityでビルトインのIK機能の使い方はわかったんだけれども、これは思っていたより自由度は少なそう。

プログラム側でIKの設定をするのだけれども、両手両足の各一箇所ずつしかIK設定ができないように思う。

APIに渡すパラメータにIKボーンとして指定する値がenumの定数になっていて、それが上記四種類しかないのだ。

ディティール(たとえば指とか)のない、小さいキャラクターならいいけれども、リアルなキャラクターなら使いどころは限定されそう。

より繊細な動きを表現する場合、IKは自力計算する方がいいかもしれない。

次はアセットストアでも探してみるか。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。