【Unity4】ブレンダーで作った3DモデルをUnity4のメカニムで動かしてみた。

Blenderでとりあえず作った人型キャラクターをUnityに取り込んで動かしてみた。

Unity側での試行錯誤はあったものの、ほぼ想定内の作業フローで動かすところまでいけた。

1.まずブレンダーで、適当にティーポーズの人型キャラクタを作る。

2.その次は、同じくブレンダーで作ったキャラクターにボーンを設定する。

ボーンはUnityのメカニムで必要最小限となるセットだ。

腰、胴、胸、首、頭
両肩、両上腕、両腕、両手
両太腿、両すね、両足

こんな感じ。

test_run_model

ウェイトは設定する必要があるが、IKは未設定だ。

3.FBX形式であらかじめ用意しておいたUnityプロジェクトのAssetフォルダに出力。

ここまでが、Blenderでの作業。

そして、ここからが、Unity上の操作になる。

4.自動でアセットとして認識されてアバターが作られているので、アバターのRigをHumanoidに変更する。

5.Animator Controllerを作成して、状態遷移の定義と各状態のときのアニメーションを関連付ける。

ここで使ったアニメーションは、アセットストアから拾ってきたアニメーションでよい。もちろんブレンダー側で自作したアニメーションを使っても良い。

実行結果が冒頭の画像になる。

ブレンダーでの作業は『3DCG日和。vol.3』が、メカニムの操作は『Unity4 マスターブック』の情報が非常に役にたった。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。