【Unity4】書籍『Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム製作』修了

まさに入門でした。

Unity4の初学者には、いまのところ最良の手引書ではないかと思います。

この本と根性があれば何ができるようになるかというと、たぶん誰かが作った既存のプロジェクトやアセットを組み合わせて作るコラージュ的なゲームだろう。

Unity4の新機能のMecanimについても一章まるごと費やされていて、ゲーム内のキャラクターのアニメーションがどういう風に制御されているのか、非常にわかりやすかった。

ただし、使いこなすには、より深く掘り下げる必要があると感じたのも事実だ。

この本を終えて痛感するのは、公開できるレベルでオリジナルのゲームを作るには、まだまだ学ぶべきことがいっぱいあるな、ということだ。

この本を超えて、もっと掘り下げていく必要がありそうなトピックを箇条書きにしておこう。

・Blenderなど外部ツールで作成した3DCGとモーションをUnity4のキャラクターに適用する流れ。
・Unityで2Dや2.5Dのゲームを作成する手法。
・作成したキャラクタやプレハブなどをアセットにまとめて再利用する方法。
・作ったゲームをGooglePlayなどで商用利用する方法。
・ネットワーク通信について(本書ではまったく触れられていない)
さて、つぎはどこから攻めようか…

PCのみですが、本書で作ったゲームがどんなものか期間限定でお見せします。

下記のリンクからどうぞ

第六章で作成したブラウザゲーム(PCのみ)

About マルソ 162 Articles

ゴゴゴゴの主催者をしています。
マルソはニックネームです。
今は関東に住んでいます。
職業はプロの空想家です。
冗談です。今はまだ冗談です。
夢は最高のエンターテインメントで人生にすてきな花束を添えることです。
本気です。本気ではずかしいです。
でも続けます。
だれにだって、人生との別れはいつか必ずやってくるでしょう?
その時になって、この世界に未練を残したまま去りたくはないんだ。
最後にはきっとこう言いたい。
さらば、自由と放埒の日々よ。
お別れの花束は、もうじゅうぶん届いたろう。
ああ、ここはプロフィールだったね。
ほんとうは君の住む町で、僕らが出会えたらよかったんだけど。
今はどうぞ、ここにあるものを眺めてもらえたらうれしいです。
最後まで読んでくれてありがとう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.