【Unity4】Unityの2D機能

昨日紹介した『Unityによる2Dゲーム開発入門』を読み始めた。

この本も当りだった。

うまく要点だけかいつまんでコンパクトに章にまとめてある。

小一時間で四章のスプライトアニメーションまで読み進む。だいたい半分くらい。

Unityでスプライトのアニメーションを動かしてみるまでやってみた。

一度Unityでゲームを作ったことがあれば、なるほどなるほど~とすいすい進むんじゃないだろうか。

2Dのゲーム制作って、RPGツクールみたいに作ること自体がゲームといえそうなほど、GUIの操作でゲームのルックを作り上げてしまう。

まあ、ここからスクリプトでゲームシステムを構築する段階になるとまた話は別なんだろうけどね。

確実にゲーム制作の民主化は進んでるなあ。

明日は、物理演算とコリジョンを使って、簡単なサンプルプログラムでも作ってみようかと思う。

うまくいけば、Webプレイヤーにしてラボのほうに載せるかも。

そうそう、ひとつ備忘録。

今日、久しぶりにUnityを起動したら、MonoDevelopが起動しなくなっていた。

ネットで調べてみたら、どうやらPSMと一緒にインストールしたGtk#という開発ツールとUnityとの相性が悪いらしい。

Gtk#をアンインストールすることで、MonoDevelopが無事起動するようになった。

しかし、それだと今度はPSMが起動しなくなるので、Gtk#の最新をインストールして無事、両方起動できるようになった。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。