【Unity4】ストーリー編の実装6日目、イベント実装

昨日の第七回テックヒルズは、なかなかコンパクトでテンポの良いイベントであった。

それだけに開発に直接役に立つ情報はさほど多くは無かった。

それでも行った甲斐はあった。

まず、待望のUnity4.3のリリースが今週か来週中とアナウンスされたのには驚いた。

実際は、今日の昼には公式でリリースされてたんだけどね。

あと、興味深かったのが、enchant.jsのプレゼン。

enchant.jsはjavascriptのゲームフレームワークだ。

9分でゲーム(らしきもの)を作るというライブもあって会場はかなり盛り上がった。

俺がenchant.jsで商用のゲームを作ることは無いだろうが、ちょっとした息抜きやブログネタになるようなミニゲーム、あとモックアップの作成なんかで使ってみようかと思った。

まあ、今作成中のゲームが一段落したらだが。

さて、今日はイベントの仕組みのコーディングに入った。

大筋は前回書いた方式で進めている。

コーディングしながら、いろいろトレードオフなんかもしつつ、イベント定義は一応以下のフォーマットに落ち着いた。

【イベント定義例】
########################################
# イベント定義ファイル
# イベントID:EVT_1
########################################

[DEFINE] Branch=0
Phase=0
Priority=0
NextSkip=false
Hook=PreArea
Summery=初仕事

[INITIALIZER] SetupConfirmDialog
SetupPerson|REG_1/ImagesTex|4|2

[CONDITION] CheckArea|REG_1|Root
CheckPrestamp|EVT_1|0|0
CheckOnetime

[ROUTINE] Disabled
ShowPerson|0
Confirm|いい儲け話があるんだが、いっぱいつきあわねえか?
Loop
Switch|0|Dialog^それじゃ先に酒場で待ってるぜ|1|Confirm^そう言わずにつき合えよ
Switch|0|BreakLoop
EndLoop
LeavePerson
Enabled

[END]

ファイル読み込み部分は大体実装できた。
明日からは、一番の山である起動部分である。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。