【UE4】スケルタルメッシュと物理アセット

テキストは13章と14章。

ボーンが入ったスケルタルメッシュをインポートして、仮置きしていたキューブと置き換える。

これで、ステージ上のプレイヤーポーンの位置に正式なスケルタルメッシュが表示されるようになった。

その次に、インポートしたスケルタルメッシュから、当たり判定やラグドール等に使用する物理アセットを作成。

これはスケルタルメッシュの各関節のメッシュを覆うような箱型のアセットでスケルタルメッシュからUE4が生成してくれる。

その後で、不要なボックスを削除したり、稼動制限をつけるなどして、ラグドールなど物理計算に制御を渡したときの動作を調整していく。

冒頭の画像は物理アセットの調整を終えて、物理シミュレートしたところ。

そういえば、Unityではここまでやったこと無かったな。

ラグドールがあるのは知っているけれども、物理アセットの生成は自動でやってくれるんだろうか?

と、ちょっと調べたらUnityでも物理アセットを生成してくれるみたい。

今度、Unityの方でも試してみよう。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。