【UE4】マテリアルの超基本から

BlenderからUE4へのスケルタルメッシュのインポートはいったん保留して、まずはスタティックメッシュから。

スタティックメッシュというのは、いわゆるキャラクターリグがないメッシュのこと(たぶん)。

樹や、家や、岩や、そういういわば背景に使うような素材。

冒頭の画像は、Blenderで適当に作った樹の幹のようなメッシュをUE4にインポートして、UE4側でマテリアルを作成して張り付けたもの。

なんていうか、ミステリーサークル的な…

ただし、UVマップが必要なので、Blender側でもマテリアルは作成してある。勉強のためマテリアルはインポートしなかった。

マテリアルに使用したテクスチャは、基本中の基本である、ディフューズマップとノーマルマップ。

ディフューズマップはネットでひろってきたそれっぽいもの。
20140916-3

ノーマルマップは、フリーウェアで画像からノーマルマップを生成するツールで作成した。

【Insane Bump 2.0】
20140916-2

使い方は簡単で、ダブルクリックで起動した後、テクスチャ画像を読み込むだけ。

出力されたノーマルマップだけじゃなく、適用されたマテリアルのイメージが即座に確認できる大変便利なツール。

ダウンロードはこちらから。
Zippyshare.com – insane2.0.zip

そして、作成されたノーマルマップがこちら。
20140916-4

まぁ、ほんとに基本中の基本だけれども、少しずつ地道に覚えていきます。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。