【UE4】ソースコードをどうやって読んでいこうか・・・

ソースコード落としてビルドしてみたのはいいものの…

ソースコードを読むといっても、どこから手をつけていいやらわからない。

ちなみに、ソースコードは、CPPファイルだけで5千ファイル近くある。

ステップ数カウンタで有効行(自動生成されたファイルも除く)をカウントすると約166万ステップあった。

これがどのくらいのボリュームかイメージしてみよう。

比較的文字が詰まった厚手の書籍『ストラウストラップのプログラミング入門』が手元にある。

もっとも文字が詰まったページで一ページに大体35行ある。

1ステップ=1行と考えて、166万ステップが何ページになるかというと、166万/35で約4万7千ページだ。

上記の『ストラウストラップのプログラミング入門』は、約1000ページの大著なのだけれども、この本に換算して47冊分のソースコードということになる。

いわばC++の一揃いの百科事典みたいなもの、といえるかもしれない。

単純な計算で行くと、これを1年や2年で読破しようなんて現実的に考えて無理な話だ。

ではどうするか。

読む巻を絞り込むということになる。

一体どうやって? <<< 今、ここである、わはは。

とりあえず、エディタのウィンドウズ版のエントリポイント(WinMain関数)は見つけた。

ブレイクポイント張ってデバッグ起動して確認したけれども、間違いなさそうだ。

下記のファイルになる。

UnrealEngine\Engine\Source\Runtime\Launch\Private\Windows\LaunchWindows.cpp

こいつを手がかりにして、デバック実行しながら地道にソースを追っかけていこうかと思う。

ちなみにソースから知りたいのは下記の点だ。

・ウィンドウアプリとしてビルドした際に、どういうコードが生成されてパッケージングされるのか。
・アンドロイドアプリとしてビルドした際に、どういうコードが生成されてパッケージングされるのか。
・その中でエンジン部分はどのように組み込まれるのか。
・上記の情報から、エンジン部分のソースを読み解き、仕組みと使い方を学ぶ。
・可能であれば、エンジン部分のみを手動で切り出して自作のウィンドウアプリケーションに組み込んでみる。

ううむ、先は険しくて長そうだ。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。