【テクスチャ】パターン定義からの塗りつぶしレイヤーとレイヤーマスク

画像の右半分を拡大すると、縞鋼板の細かい目が敷き詰められているのがわかる。

今日はこのパターンのサーフェスを作成した。

多少機能制限のあるフォトショCCでやってるのと、テキストではしょられていそうな手順を推測でやっているので、多少出来は悪くなったけれども、今は気にしない。

今回使ったテクニックは、いろいろ応用が利きそうなので、おなじみのものかもしれないがその考え方をメモしておこうと思う。

フォトショップでは、自分で描いた画像からパターンの定義ができる。

そして定義したパターンを選択範囲内に反復的に貼り付ける(というか塗りつぶす)こともできる。

塗りつぶしに使うバケツツールには色だけじゃなくてパターンが選べるのだ。

範囲選択して、レイヤーメニューから「新規塗りつぶしレイヤー」を追加して、定義したパターンを選べば、選択範囲に塗りつぶし済みのレイヤーが出来上がる。

敷き詰めるパターンのサイズもそのときに変更できるので、パターン自体は大きめに定義しても大丈夫である。

どうもテクスチャの勉強はフォトショップの使い方の勉強になりがちで、なかなか進まねえわはは。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。