【C++】WindowアプリケーションでHello World

もうすぐ日本対コロンビア戦。

4時におきて応援します!

さて、JAVAに慣れていると、C++でウィンドウを出すのって結構めんどくさいのな。

プログラムの流れ的には、まあだいたい理解できた。

大雑把に言うと、ウィンドウアプリケーションでは、main関数の代わりにWinMain関数がプログラムの開始位置になるので、WinMain関数を作成する。

WinMain関数の中では、ウィンドウ用の構造体をインスタンス化して中身を埋める。これがウィンドウのサイズや位置などのパラメータになる。

上記の構造体のメンバにイベント発生時にコールバックされる関数のポインタがあるので、イベント処理内容を記載したコールバック関数のポインタを渡す。

というわけで当然、上記コールバック関数(WinProc)を実装する。

そしてウィンドウを作成するAPIを呼び出した後、Windowsメッセージをポーリングするお決まりのループを書く。

以上。

後は、ウィンドウが検知する低レベルのイベントを処理するWinProc(既出のコールバック)の実装を目的に応じて増やしていくという流れになる。

次回からはDirectXのAPIを使って、上記のウィンドウに対するプリミティブな描画(画面を塗りつぶすとか線を引くとか)に入る予定。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。