【制作実習】地味にコーディング

今日はストレーフィングを実装する準備として、コーディングしてた。

ストレーフィングっていってるのは、TPSなんかのエイム中の移動の方式で、銃を構えたキャラの向きを固定したまま再度ステップや後ずさりなどで移動する動作。

銃の向きについては、上下左右の構えのモーションがいるかなと思ったけれども、今回作っているゲームの性質上、上中下の構えのポーズだけ作っておけば事足りた。

再度ステップと後ずさりのモーションを入れると、基本的なキャラクターの操作周りは出来上がる。

HMDのヘッドトラッキングでエイムをするTPSは、酔い対策さえ出来ればかなり良い感じの操作感覚になってる。

俺の中では、アナログスティックやマウスでのエイムは過去の遺物になりつつある。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。