【制作実習】迷路マップパーツのマテリアル統合

モバイルなので、描画負荷は減らしたい。

なので、マップパーツに使っているテクスチャを一枚にまとめました。

こうすることでひとつのマテリアルで、マップの全部のパーツをまかなえるようにした。

そのためには、Unityのプリミティブは使用できない(UVが固定されているから)ので、Blenderでキューブを作成してUVを貼りなおしてます。

ついでに俯瞰でみたときに壁がわかりやすいように、壁オブジェクトの天井に別テクスチャを指定した。

こうするとなぜ描画負荷が減るかというと、マテリアルが増えると、SetPassCallsというのが増える。

SetPassCallというのは、たぶんGLSLで言うところのバッファを用意して、そこにテクスチャのデータを流して、GPUに送るような比較的重たい一連の処理のことだと思われる。

マテリアルをひとつにまとめることで、GPUに流すテクスチャがそのマテリアル分だけになるので、負荷がへるのだと思う。

ところで、全然話変わりますが、アンチャーテッドコレクション、もう発売してたのね。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。