【制作】不具合調査からの

今日こそオキュラス開封しようと思ったけれども、機種による表示不具合が気になってUnity立ち上げたら、ついついいじってしまうんだよなあ。

不具合内容は、いただいた報告では1920×1080の端末で上下余白に不要な画像が描画されているというもの。

予想では、カメラのRECTのサイズが実際の画面より少し小さめになってしまっていて、カメラのRECTからはみ出た部分が再描画(つまりクリア)されてないのではないかと考えている。

けれども、手元に再現できる端末がないため、なかなか対応が難しいんだよな。

試しにアスペクト比をフリーにして、画面サイズを変更しても、PCでは問題なく表示される。

もちろん、PCで起きなくても実機で起きる問題はいっぱいある。

これなら再現できるかもと思い、通常ランドスケープ(スマホを横にして遊ぶ)のところをポートレート(スマホをたてにして遊ぶ)にして実機で動かしてみた。

これでもちゃんと動く。余白もきれいにクリアされているし、カメラに取り付けたスクリプトのおかげで、たてにしても16:9のアスペクト比を維持している。

とうとう俺にもUnityのコミュニティ(Unity助け合い所だっけか)に質問を投げる機会がきたのかもしれない。

あと、ついでにいうと、ポートレートで起動すると縦長の画面に横長のゲーム画面を描画しているため、全体が縮小されて上下に大きな余白ができる。

それで気づいたんだけれども、描画する画面が小さくなった分、レンダリングが早くなっている(気がする)

いつもならややフレームレートが落ちる古代遺跡の洞窟の地上ダンジョンも、ヌルヌル動いているように見える。

ひょっとしたら、ポートレートのほうがいいんじゃねえか?という仕様変更案が頭をよぎる。

画面が小さくなるけど、その分、タッチコントローラーを余白部分に持ってくるようにすれば、見映え的にも良くなる気がするし、ゲーム起動するたびに横に持ちかえる必要もなくなるし、レンダリングも早くなる(たぶん)

問題は、画面が小さくなる分、文字のサイズとか、タッチするメニューの大きさとか、調整が必要になるというところ。

なやましいな。試しに縦画面版も作ってみようかな、とかなんとか脱線してしまうのでした。

今週はしっかり休む。そして、あそぶんや。

でも、よくよく考えたら会社だったら、どんな大きなプロジェクトリリースしても、次の日から普通に仕事だよなあ。

たまに社内無職状態がないわけじゃないけれども。

まぁ、リフレッシュ休暇と思って、これも個人事業の利点だしね。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。