【制作】バトル魔法実装、その1

今日はバトル系の魔法を実装していた。

同時に得点の算出ロジックもほぼフィックス。

進捗は予定よりやや遅れの0.5人日遅れ。

画像は追撃魔法のスクショ。

体験版にはなかった連番によるボーナスを追加している。

話は変わるけれども、Unityアセットストアで国産のアセットのいいのを見つけた。

学校の校舎や、教室、保健室や体育館なんかのアセットで、それぞれ単体で1000円~3000円程度。

サンプル動画がこちら。

アセットストアがこちら。

全部そろえるとフルパッケージのゲーム価格より高くなるけれども、今の俺が自分で作る工数を考えると悲しいかな買った方が早い。

結構、よくできているというか、買っていじるだけでもいろいろ勉強になりそう。

アセットを売る商売は下手にゲーム作るより儲かるかもわからんね。純粋にモデリングのスキルだけを磨けるしね。

いやあ、これ使って学園物の美少女ゲーム作りたいねえ。

ちょっと、というかそこそこえっちいやつ、わはは。

クライマックスではオキュラスリフトに対応したすごいやつ。

いろいろ妄想イマジネーションが膨らむ。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。