【制作】魔法カードギルド(ショップ)の実装

今日は魔法カードを売買するショップの実装をしていた。

魔法カードの売値や買値は、ゲームバランスの重要な要素であるためDLCに含まれている。

クライアントがゲームを起動するたびに、ネット接続環境があれば自動的に更新される仕組みだ。

本当であれば、町のショップごとに扱う商品や、その価格が変化するような仕組みが望ましいんだろうけれども、運営や管理をシンプルに保ちたかったので、全ての町のショップで価格と品揃えを統一することにした。

まぁ、ギルド加盟店ということで、今で言うゲームショップのチェーン店みたいなものだ。

ところで、今日ショップの実装をしながら、重大な設計漏れに気がついた。

バトル実装にも大きくかかわる問題なんだけれども、パーティー編成を組むためのメニューが必要だということにいまさら気がついた。

なので、ユーザーメニューにパーティー編成用のメニューを追加することになった。

また、町にもメンバーを集うための酒場的なエリアが必要だ。

しかも、こちらは、町ごとに仲間にできるキャラクターに制限を設けないと、なんかへんなことになりそうだなあ。

はぁ、めんどくさそう。

というわけで、バトル実装は来週からにずれ込みそうです。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。