【制作実習】Unityのandroid無償版からNode.jsで動くRESTサーバーへの疎通テスト

今回はLinux(CentOS)上にNode.jsをインストールして、簡易RESTサーバーを立ち上げたので、その経緯を記録しておく。

Node.jsというのは、javascriptを直接実行するVMみたいなもの(たぶん)。

これをサーバーにインストールすれば、RESTサービスのようなWEBアプリケーションが簡単に作れるという便利な代物だ。

前回の記事でUnityのandroid版アプリからネットワーク経由でデータを取ってくる、というテストに使用した。

前回の記事:【制作実習】UnityのAndroid無料版でネットーワークプログラミングの調査

もちろん、使ってみて問題が無ければ、そのままNode.jsでRESTサーバーを構築するつもりだ。

ともあれ、まずは簡単な文字列を返すサービスをサクッと起動させて、Unityから接続してみた。

インストールは簡単で、下記のサイトからLinux版~tar.gzをダウンロードして展開する。

Node.jsダウンロードサイト

あとは、解凍したディレクトリ内にあるbinディレクトリにパスを通すだけでよい。

【例】
export PATH=$PATH:/var/node-v0.10.25-linux-x86/bin/

(過去バージョンでは、ビルドが必要だった見たいだけれども、俺が落としたnode-v0.10.25-linux-x86.tar.gzはビルド済みのようだ)

簡易RESTサーバーのjavascriptはこんな感じ

var http = require('http');
 
http.createServer(function (request, response) {
  response.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
  response.end('Hello:' + Math.floor( Math.random() * 100 ));
}).listen(<YOUR-PORT>);
 
console.log('Server running at http://<YOUR-HOST-OR-IP>:<YOUR-PORT>/');

上記ソースをexample.jsという名前で保存して、下記のコマンドで実行する。

node example.js

これだけ、超簡単。

HTTP接続するたびに、ランダムな数値入りのテキストを返してくれる。

開発テスト用のサーバーにはこれで十分。

あとは、Node.jsについて調べて、要件を満たせるかどうかだな。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。