【制作実習】Unity 4.3以降のレガシーアニメーションのバグに悩まされる

Unityのゲームオブジェクトのアルファ値を変更して、点滅するアニメーションを作成しようとしたんだけれども、どうもうまく動いてくれない。

めっちゃシンプルなアニメなんだけど…っていうか以前(コールアンドマジック体験版)は出来てた気がするんだけど。

と思っていろいろ調べてみると、どうやら4.3あたりからの仕様変更というかバグのようだ。

ちなみに、アルファ値を変更するアニメーションをスクリプトで実装すれば問題なく動く。

[animation]タブでのレガシーアニメーションの作成では、マテリアルを変更するプロパティが追加したり、カーブをいじったり出来るにもかかわらず、動作してくれない。

ちなみに、マテリアルの色変更ではなく、transformのサイズ変更ならうまくいった。

さらに、4.3より古いバージョンのUnityで作成したアニメーションファイル(.anim)だと、マテリアルのアルファ値を変えて点滅させるアニメーションが正常に動作する。

無償版があるとはいえ、プロ版が16万近くもする製品の品質ですか、これが。

まぁ、無償で使わせてもらっているので文句いえる立場じゃないんだけれどもね。

そもそも、アニメーションタブの操作は、まえから使いづらいと思ってた。なんかいろんな点で、このツールだけ、やけに完成度低いよなあ。

やっぱアンリアルエンジン4かなあ、と心が傾いた一日。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。