【モデリング】ちょっと手直し

もろもろ落ち着いたので、いったん戻ってきました。

正月前にまた帰省する予定です。

このブログもほんと久しぶりに更新空けてしまったけれども、まぁしゃーない。

ぼちぼち再開して行きます。

直近で作成していたキャラクターのセレナをちょこちょこ修正してます。

今回のモデルは身体部分が複数の切り離されたメッシュで出来ていたため、手動でウェイトペインティングしないと裏のメッシュが飛び出したり、隙間が見えたりしていた。

なので、新しいキャラクター作成フローにのっとって、ハイポリメッシュを土台にして、シュリンクラップを使って一枚のメッシュにリトポした。

ウエイトペイントは自動で簡略化。メッシュの壊れもなくなった。

上記画像は、Unity上で自作のカスタムシェーダで、金属・非金属やラフネスを設定して、各パーツの材質のみを設定したところ。

テクスチャにディティールがないのでちょっとさびしいのとすねあての金属部分にも傷なり錆なり汚しがないとだめだな。

次回はセカンダリテクスチャだけでも入れてみようと思う。

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。