【ZBrush】ワークフローおさらい、その5

今回は、ブレンダーと連携させた作業がメイン。

形はいい加減でトポロジだけ決めたモデルをブレンダーでちょちょいと作成したのが冒頭の画像。

これのモデルをOBJ形式で出力して、ZBrushでインポートする。

そして、こちらのZBrushでスカルプトした手を、このブリキの手にプロジェクションする。

20150418_2

こうして出来た新しいトポロジの手のモデルがこちら。

20150418_3

なんか、あんまり変わってないように見えるけど、ローポリにして曲げるときに効果を発揮するはず。

同じ要領でシューズとリボンを作成した。

20150418

だいぶ完成に近づいてきた。後はまぶたとまつげと眉を同じ手法で追加したら、ポリペイントしてスカルプトは終了となる。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。