【モデリング】リギングその2

IKボーンの設定、カスタムシェイプ、そして最後すこしだけモーションを作成してみた。

IKボーンの設定は思いのほか苦労した。

関節が思う方向に曲がってくれないのだ。

根本原因はよくわからないが、ボーンを組むときにボーンの回転軸がずれてしまったらしい。

モデルが厳密なティーポーズになるようにメッシュを修正し、IKボーンをつける下半身のボーンを一旦全部削除した。

そしてボーンを再度付け直してIKを設定すると今度はうまく曲がってくれた。

うーん、根本的な解決にはなっていない(ティーポーズが取れないクリーチャーだったらどうすんだ、とか)が、とりあえず今回は深追いしない。

ウエイトペインティングもやり直しだけど、結構手間のかかる作業なのでまた今度にしよう。

モーションはアイドリング状態の動きをつけてみたんだけれども、動きが生きてない!

ここから手付けモーションの終わり無き試行錯誤が始まるのか…

モチベーションを高めるためにモデルとボーンを一旦FBXで書き出してUnityで表示してみた。

動画がこちら。

モーションはフリーアセットに含まれるモーションを差し替えて使った。

また、これもフリーアセットのトゥーンシェーディングもいれてみた。

今回作成したモデルのみのドローコールは、トゥーンシェーディング入れて+4ドローコール。

髪型と体のメッシュを結合させれば、1~2ドローコールで済みそう。

なんとか、モチベーション維持。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。