【モデリング】リギングその1

まかせて!のポーズ。

前回のモデルにボーンを入れたので、ポーズをとらせてみた。

ただし、リギングはまだ半分くらい作業が残っている。

今日はボーン入れて、ウェイトペインティングして、手のコンストレイントを加えた程度。

手のコンストレイント設定は、手を握るアクションを設定した。

これは、手を握らせるときに指一本つづ動かす必要が無いように、ターゲットとなる単一のボーンの動きに連動させるもの。

概念的には、あらかじめ手を握ったポーズをアクションとして登録しておいて、ターゲットボーンの回転角度にアクションの適用度(0~100%)を関連付けるというもの。

あとピースサインと、グッジョブの形くらい登録しとけば十分かな。

ウエイトペインティングは毎回いろいろ試行錯誤していて、これといった王道はないような気がする。

ただ、今回はウエイトペインティングを考慮して関節部分のメッシュに気を使ったので(スーツの紺色の部分)、以前よりはメッシュのつぶれ具合がましになったと思う。

シェイプキーによるメッシュの変形で関節部分のメッシュをより柔軟にコントロールできるんだけれども、今回はそこまではしないことにした。

Blenderでできる、ということと、やり方さえ知っていればとりあえずはいいのだ。

次回、IKリグと関節のコンストレイントを加えて、カスタムシェイプを追加することでリギングはひとまず完了とする。

4年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。