【モデリング】顔のメッシュ

また、しょうこりもなく、人体モデリングの練習。

流れを意識したメッシュの構造を考えてみた。

ポイントは、ローポリゴンでループカットやナイフなどで手早く頂点を打てること。

もちろん、頂点を打ち終わったら、あとはひとつずつ手作業で顔の形を整えていく必要がある。

ただ、整形は何とかなるんだけれども、頂点をどう打っていくかについては答えがない。

毎回メッシュの構成で頭を悩ませたくないので、同じ手順で再現が可能なメッシュの構造を考えた。

20140527-2

まず、赤・青・黄で色付けした部分の面をざくざく作っていく。

その後、ピンクの線で示した様にループカットで面を増やしていく。

緑の線で示した口周りや目の周りはイレギュラーな部分なので、ナイフで手作業で面を刻んでいく。

さらに、オレンジの線で示した箇所をループカットやナイフで細分化して頂点打ちは完了。

ここから、各頂点を調整して顔の形に整えていく。

5年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。